top of page
日光.png

射日光での放置は劣化を早める原因となります。

水濡れ.png

雨や水に浸けてしまうと内部の構造に影響し、鼻緒が取れやすくなってしまうこともありますのでご注意ください。

高温.png

火のそばに置くと、軟化または変形することがあります。

移遷.png

乾燥する時は、縮みの原因になりますので陰干ししてください。

陰干し.png

染色の性質上、摩擦、水濡れ、汗による移染があります。

カビ.png

濡れたままの放置はカビの原因となります。

定期的なお手入れとあわせて、毎回の使用後に簡単なケアをしていただくことで履き心地を保っていただけます。

 

ご用意いただくもの
 

以下のいずれかが推奨です。
 

ノンアルコールタイプのウェットティシュー
・水で濡らし、よく絞ったタオル等のやわらかい布

 

①上記で汚れを優しく拭きとります。
②鼻緒の形を整え、直射日光が長時間当たらない場所で完全に乾燥させて保管してください。

 

簡単なお手入れで落ちない汚れは以下の方法を推奨しています。

ご用意いただくもの
 

・水(市販の中性洗剤を使用する場合は必ず10倍以上に希釈)
・毛のやわらかいブラシ(歯ブラシや洋服ブラシなど)
・タオル等

 

undaの天板(フットベッド)は伝統的な竹皮表を再現するため、基本的に化学的な撥水加工や防汚加工をしていません(※)。そのため丸洗いではなくやわらかいブラシを使ったケアをおすすめしております。

※撥水・防汚加工している生地を使用したモデルもありますが、同様の方法でのお手入れで問題ありません。

使用するもの
・水(市販の中性洗剤を使用する場合は必ず10倍以上に希釈)
・毛のやわらかいブラシ(歯ブラシや洋服ブラシなど)
・タオル等

 

①少量の水をつけたブラシなどで優しくブラッシングするように少しずつ汚れを落としてください。

!水の代わりに洗剤を希釈したものを使用する場合はすすぎ残しのないようご注意ください。変色・変質などにつながる恐れがございます。

 

②お手入れ後はタオル等でしっかりと水分を拭ってください。

 

③乾燥にうつる前に、鼻緒などの形状をきれいにととのえてください。

④風通しの良いところで陰干しし、完全に乾燥させてからご使用ください。

使用するもの
 

・水(市販の中性洗剤を使用する場合は必ず10倍以上に希釈)
・タオル等

強く擦ると塗装剥がれする可能性があります。やわらかいタオルなどで優しくなでるように汚れを落とすことを推奨しています。

使用するもの


・水
・市販の中性洗剤(必ず10倍以上に希釈)
・ブラシ

①まず水のみをつけたブラシで汚れを落とします。


②そのあと、水でうすめた中性洗剤をつけて同様にブラッシングします。
 

③ブラシに水をつけながら洗剤がのこらないようすすいでください。

!ソールのお手入れ時に、天板(フットベッド)に水分が付着した場合は十分に乾燥させてください。

Q.商品は防水仕様ですか?


A.ソール部分は、濡れても問題ありませんが、天板部分は濡れると乾くまで時間が掛かります。

乾燥の際には、直射日光が当たったり急激に乾燥したりするとソール部分のゴム縮みの恐れがありますので、必ず日陰干ししてください。​

お手入れの方法を最後までご覧いただきありがとうございます。

 

定期的なケアとともに、経年変化を経て自分だけの履き物になっていく過程をより長くお楽しみいただけると嬉しいです。

ぜひ左右も入れ替えて履いてみてください。

KIRIKO×DOUBLE WALL GRASS “Fuwan”

SETTA×SNEAKER “unda”

goyemonハンコ.png
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
bottom of page